日本 蚊

Add: savageq53 - Date: 2020-12-13 20:24:11 - Views: 8986 - Clicks: 757

水面や水辺へ【蚊(か)】が産卵する 2. 日本で生息している代表的な蚊は次の3種類があります。 アカイエカ 日本全国に生息している蚊です。 活発に血を吸う時間帯は夕方から深夜になります。 ヒトスジシマカ いわゆるヤブ蚊の一種で、東北地方から西の地域に生息している蚊です。. See full list on fumakilla. 今世界中には約2500種類もの蚊が生息していると言われています。 そのうち日本に生息している蚊は約100種類。 そんなにたくさんの蚊がいるのかとびっくりですよね。 日本でよく目にする蚊としてはヒトスジシマカやアカイエカ、コガタアカイエカ、チカイエカ、トウゴウヤブカが挙げられ. セミの成虫での一生は短いというのは、よく聞く話ですが【蚊の一生】は どうなんでしょうか? 1. 実は人間をはじめ、牛・馬・豚・ニワトリなどの脊椎動物の血を吸うのは「交尾後のメス」だけなのです。つまり卵を産む前のメスだけが「吸血」します。 オスの蚊や、普段のメスは花の蜜や樹液などを吸って生きています。 日本には100種類ほどの蚊がいますが、血を吸うのは、アカイエカ、ヒトスジシマカなどおよそ20種類です。 ではなぜ交尾したメスの蚊は、危険を冒してまで動物の血を吸うのか? それは、蚊が、体重の割にたくさんの卵を産むため、タンパク質等の栄養が必須なためです。1匹の体重は、およそ2〜3mgですが、十分に血を吸った蚊は6〜7mgの体重になります。つまり自分の体重の2〜3倍の血を吸うのです。重くなりすぎて動けなくなる場合もあります。 そして、この吸った血は、卵を産むためだけに使われ、生活エネルギーにはならないと言われています。 ちなみに、牛や馬からは吸血しますが、象やカバなどは皮膚が硬すぎて吸えないそうです・・・。 蚊の幼虫であるボウフラは、ヤゴ(トンボの幼虫)や小魚。成虫である蚊は、トンボやカエル、小鳥、コウモリなどのエサとなって、生態系を支えている側面もあります。. ここでは蚊が運ぶ感染症を解説します。 (1) 70年ぶりに国内感染が確認されたデング熱 (2) 昭和に流行した日本脳炎 (3) クレオパトラも平清盛も苦しんだマラリア (4) 日本 蚊 平安時代から流行があったフィラリア (5) 感染症を媒介する蚊たちの、それぞれの戦略:蚊の栄枯盛衰 蚊が媒介する感染症いろいろ/日本脳炎の流行/蚊とブタの特別な関係/日本におけるコガタアカイエカの生息状況/近隣諸国での日本脳炎感染者/.

新型コロナウイルス感染の収束が見通せない中、信濃毎日新聞(長野市)の「声のチカラ」取材班に「蚊がウイルスを媒介する恐れはないのか. 一昔まえでは おばあちゃん家などに置いてあった 夏の風物詩【蚊取り線香】★ しかし、今では【蚊取り線香】に変わる 新たな商品が販売されています。 たとえば 定番の液体電子蚊取り器具。 ほかにも、スプレー式で「24時間蚊がいない空間を持続」する蚊取り器。 ですから、渦を巻いている【蚊取り線香】なんて、知らないかたも多いかもしれません。 さて そんな【蚊取り線香】ですが、形状がユーモアです。 どうして【蚊取り線香】はグルグル渦巻きなのか? その理由は ちゃんとありました (・∀・)/ 除虫菊(じょちゅうぎく)を使用した【蚊取り線香】を作った会社は「金鳥(きんちょう)」。 日本 蚊 明治23年 最初に作られた【蚊取り線香】は、長さが20センチほどの棒状でした。 この棒状蚊取り線香は、40分ほどですぐ燃え尽きてしまうのが欠点でした。 (また、運搬中に折れやすいというのもデメリットでした) そこで、明治28年(1895年)に金鳥(きんちょう)の会社社長・奥さんが考案したのが「渦巻き型」でした。 棒状では20センチの長さが、ぐるぐると渦巻くことで長さが「75センチ」にも★ アカイエカなどが出回る 夜の就寝中には 約7時間持続し燃えてくれるのです、素晴らしい~。 ちなみに、ナゼ【蚊取り線香】は緑色なの?といえば・・・暑い夏に使うので涼しい色にということ。 また蚊取線香ができるまでは、虫よけに「蚊遣り」といって ヨモギの葉などの草の葉を燃やしていたそうです。 その草葉のカラーをイメージし緑色にした理由のひとつです (^ε^)♪ 日本(ニホン)で見られる【蚊】は、約100種類が確認されてますが、じつのところ 3種類の蚊がほとんどだと分かりました。 夏の時期には 嫌な風物詩!?ですが、蚊に刺されることは 決してよいことではありません。 『蚊媒介感染症』という 怖い病気にもなりえるということも、頭に入れておいていただければ幸いです。 以上「日本で見る蚊の種類は主に「3種類」~実はメスだけが吸血します~」の話を紹介しました。 ( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります ) ー 関連記事 ー ◆大阪や兵庫の【新型肺炎コロナウイルス】感染症例は?~和歌山や京都等 関西地方の新型コロナウイルス陽性例~ ◆災害後の避難生活で【蚊の虫刺され】を防止する方法や工夫~蚊媒介感染症につい. 蚊はその種類により吸血する時間が異なり、アカイエカは夕方から夜にかけて. 夏の夜、ブーンという羽音とともにやってきて人を刺す。その、うるささ、痒さはたまりませんよね。(ちなみに1秒間に1000回近く羽ばたきするそうです) この痒み、そして腫れは、刺した時に人や動物に痛みを感じさせないように、つまり刺されていることに気がつかないようにと出す、蚊の「ツバ」(唾液)が、人にアレルギー反応を起こさせて痒く腫れるのです。(だから肌を刺す蚊を上から叩き潰すより、横から弾いた方が痒みは少ない、という説もあるほどです) いずれにしてもこの痒さと羽音が、人に嫌われる大きな理由ですよね。. カ(蚊)は、ハエ目(双翅目)糸角亜目カ科(学名: Culicidae)に属する昆虫である。ナガハシカ属、イエカ属、ヤブカ属、ハマダラカ属など35属、約2,500種~約3000種が世界に存在し、うち日本は100種程度である(東京都福祉保健局による)。ヒトなどから血液を吸う吸血動物であり、種によっては各種の病気を媒介する衛生害虫である。 カの最も古い化石は、1億7,000. vishnui(沖縄県以南で確認) この3種類は、アジア地域で重要なJEVの 媒介蚊である。. 寿命が短いからと、侮ることなかれ! 【蚊】にさされると、かゆいし腫れますが、その理由はアレルギー反応を起こすからです。 また 痒いからと、かきむしってしまうと傷ができ「とびひ」にもなりますので、まずは冷やす等して かかないことが大事。 あまり腫れがひどいときは、皮膚科など病院で診察してもらったほうが良いでしょう。 しかし、なにより蚊に刺され、一番 日本 蚊 心配なのは『蚊媒介感染症』。 日本では「日本脳炎(コガタアカイエカ)」「デング熱」がよく知られています。 海外では「マラリア」「デング熱」「ウエストナイル熱」。 また動物のペットの病気として「フィラリア」があります。 アカイエカは「フィラリア(糸状虫症)」を媒介しますし、もし 西ナイルウイルスが日本に侵入したら、その媒介者となる危険性もあります。 ヒトスジシマカでは「デング熱」の媒介者として重要で、西ナイルウイルスを媒介する危険性も。。。 チカイエカも「フィラリア(糸状虫症)」を媒介、また西ナイルウイルスが日本に侵入すれば、媒介者となる危険性もあります。 このように、日本でよく見る【蚊】ですが、意外と恐ろしいことがわかります。 地球温暖化で日本も毎年 気温が上がり「亜熱帯化」が進んでいることから『蚊媒介感染症』にも注意しなくてはならない実情になりつつあります。.

. 水田環境の変化による生息数の変化 コガタアカイエカの原産地は台湾といわれていますが、多くの水田と沼・ため池などのある日本の農村地帯には普通に生息している蚊です。夕方、人家周辺に飛んできて、人を吸血します。夏になると屋内に入ってきて寝ている人を吸血することが多くなります。 一方、シナハマダラカ群は余り汚れていなくて草が多い湖沼など比較的広い水域と水田をもつ農村地帯に適応している蚊です。 ところが、最近では、水田の宅地化・工業用地化が進んで蚊の生息環境が縮小・悪化してしまいました。更に、稲の害虫に対して多量の農薬~薬剤の種類もBHCなどの有機塩素系の殺虫剤から有機リン系やカーバメイト系などの殺虫剤が次々と水田に散布されました。 特に、最近のネオニコチノイド系やフィプロニルといった新農薬による育苗箱処理への普及は大きな殺虫効果を与えたものと思われます。そのため、最近の多くの水田は蚊が発生する環境ではなくなり、その結果、水田環境に依存していたコガタアカイエカ・シナハマダラカ群共に大幅な生息数の低下が見られるようになりました。 ところが、遠距離まで飛ぶことのできるコガタアカイエカは強力な殺虫剤抵抗性を獲得して少しではあるが勢力を回復しつつあるように思われます。. 蚊が媒介する主な感染症 1. 日本で主要な蚊の特徴】 Culex vishnui subgroup Cx. ふいに飛んでくる【蚊(か)】ですが、人間であれば誰でも刺すわけではなく「記憶・学習能力」が 蚊にも有ることがわかったのです。 アメリカの生物学系学術誌「Current Biology」によれば “ 叩かれそうになった蚊は、その危険をさけるため その叩いた人間の体臭を記憶し さける能力がある ”ということです。 しかも、30分や1時間の短時間ではなく、24時間も その体臭をさけるそう (☆。☆) (避けることに加え、その体臭を何日も覚えているようです) つまり・・・もし【蚊(か)】をパチンと叩き 命中不可能であっても 叩く動作は【蚊に効果】があるということ★ すこしおかしな言い方ですが【蚊】にたいして 叩く動作や、大げさな動作(おどるとかダンスとか 笑)をつづけてみましょう。 その人を刺すため【蚊(か)】は寄ってくることが なくなります ( ̄▽ ̄*)。 (史上初の研究結果発表ですからね) これは、とてもカンタンな方法なので わたしも試してみたいと思います!. ヒトスジシマカ:卵による越冬で冬を乗り越える能力 ヒトスジシマカは東南アジアの森林地域を起源とするヤブカで、日本などの温帯地域から東南アジアの亜熱帯から熱帯地域にまで広く生息しています。 特に、1980年代後半からのアメリカ、フランス、イタリアやブラジル、メキシコなどへの世界的な分布拡大は日本を中心とする中古タイヤの国際的流通の拡大(タイヤの中に産みつけられた卵が輸出先で繁殖)が原因とされています。 この時すでにヒトスジシマカは水のない乾燥したタイヤのなかで生き延びる術~卵による越冬(乾燥・寒さに耐えられる)という短日休眠性能力~を獲得していたのです。 ネッタイシマカは成虫で越冬しますが、ヒトスジシマカは卵で越冬する道を選んだのです。しかも、休眠状態になることによって生育に不適な冬を乗り越えるという非常に優れた適応戦略を身に付けたのです。 また、日本などの温帯地域への拡大・分散を可能にするための耐寒性という能力も獲得するようになりました。 ところが、ヒトスジシマカはネッタイシマカの様にヒトの生活環境に近い所で生息し、吸血源をヒトのみに依存するということはせず、樹木や植栽の茂みなどに生息し、屋外で休み、たまたま近くに来るヒトや野外にいる動物たちを吸血する森林育ちの性質を変えずに従来の屋外休止・屋外吸血性という行動習性を守っています。 最近の東南アジアは大都市化され、近代的なビル群が立ち並ぶようになって大きく変貌しつつありますが、この生息環境の変化はネッタイシマカの今後の勢力拡大に大きな影響を与えるかも知れません。 また、住宅事情や衛生環境の改善などは、ネッタイシマカにとっては不利で、生息しにくい環境に変わりつつあります。 一方で、近代的なビルが建設されても、小さな水たまりなどがある環境はヒトスジシマカにとっては繁栄しやすい場所を提供することになります。 事実、この数年の間に、例えばベトナム・ハノイ市内では冬期にデング熱患者の発生がゼロにならないのはネッタイシマカからヒトスジシマカへの置き換わり現象が生じているためなのではないかと言われています。 また、ミャンマーでは両種蚊によるデング熱・デング出血熱流行の拡大が懸念されるようになっています。 このようなわけで、自然環境の変化に対応して適応・進化を続けていくであろうネッタイシマカとヒトスジシマカが今後どのような運命. Vosshall がNature.

コガタアカイエカは昔の日本の農村で最も普通に見られた蚊です。 水田を好み、夕方以降に高い飛翔能力で1km以上離れた豚舎・牛舎や人家周辺に近づき、夜間にヒトやブタなどの動物を吸血し、明け方に住みかの水田に戻っていきます。 この蚊はブタやウシのような大型ほ乳動物を好んで吸血し、ニワトリも吸血しますが、ヒトはあまり好まないようです。 ヒトは感染しても体内でウイルスが多量に増えることはありませんので、ヒト→カ→ヒトの感染ルートはありません。 しかし、日本脳炎ウイルスはブタの体内ではよく増殖しますので、血液中に多量のウイルスが出てきます。カがこれらのブタを吸血し、その上でヒトを刺せば、ブタ→カ→ヒトの感染サイクルが成立します。 そこで、ブタは日本脳炎ウイルスによる感染を助長させることになりますのでブタを増幅動物と呼んでいます。なお、不思議なことにブタは感染しても元気で何の症状も起こりません(妊娠ブタでは流産を起こすことがあります)。 西日本を中心に各県・市の衛生研究所では現在でもブタが日本脳炎に感染しているかどうかの監視を続けています。各県の調査ではブタの抗体陽性率(感染率)が80%と高率に検出されるところも多く、実際にブタからウイルスが分離されている地域もあり、日本脳炎の脅威が完全に消えたわけではありません。. ただ、心配なことは日本脳炎の媒介蚊であるコガタアカイエカの生息数の増加が全国的に散見されるようになったことで、この蚊の生息動向には十分に注意を払っていく必要があります。 デング熱/日本脳炎/マラリア/フィラリア/蚊の栄枯盛衰. 日本における感染症媒介蚊 衛生昆虫の解説―7 蚊 後編 Ⅲ. その後【蚊(か)】の成虫となり2,3週間生きるが、その間 交尾、産卵をする。 (アカイエカは150~400個の卵、ヒトスジシマカは80個ほどの卵を産む) セミは土中生活が数年もありますが、蚊の場合 生まれてから死ぬまで1ヶ月ほどでしょうか。 虫ですから、やはり 寿命は短かかったですね (*v. 5㎜とやや小さめ。やぶ・公園・墓地で人が来るのを待っています。人間の血が大好きなので、強烈な吸血活動をします。 かゆみもイエカ属より強い傾向にあります。 ヒトスジシマカはヤブカ属を代表する蚊です。仙台より南の地域であれば、フツーに生息している蚊なのですが、デング熱を媒介するやっかいモノとして、いきなりスポットライトを浴びました。 活動時間は昼間から夕方。中でも午後4〜6時辺りが、一番動きが活発になります。外が大好きなアウトドア派です。 人が大勢集まる外といえば、公園は代表的な場所ですね。夏フェスなどアウトドアの催し物は、参加する一人一人が蚊を予防する対策を忘れないようにしましょう。. カ (蚊)は、 ハエ目 日本 蚊 (双翅目) 糸角亜目 カ科 (学名: Culicidae )に属する 昆虫 である。 ナガハシカ属 、 イエカ属 、 ヤブカ属 、 ハマダラカ属 など35 属 、約2,500 種 ~約3000種が世界に存在し、うち 日本 は100種程度である( 東京都福祉保健局 による) 。. 日本 蚊 See full list on tele.

10に報告) このように家屋周辺型に進化したネッタイシマカはウシやイヌが近くにいてもヒトのところに吸血に来るほどヒトの血を好むように変わりました。 また、人の生活環境に非常に近い所で、庭の水がめや植木鉢の水受け皿、家屋内の瓶や缶などの小容器内に卵を産んで繁殖するようになり、家屋内でヒトのみを吸血し、劇的に行動様式を転換させたのです。 ネッタイシマカ自らがヒトの住む生活環境に順応・適応し、勢力を伸ばし、現在ではフィリピンやタイなどの東南アジアでデング熱の重要な媒介蚊として猛威をふるっています。. 蚊の季節だ。平安時代の清少納言が「にくきもの」と嫌った害虫は、1000年たった今も私たちを悩ませる。感染症を媒介する危険もあり、人々は蚊. 日本国内で見かける【蚊(か)】は、およそ100種類が確認されています。 (えっ!!100種類も飛んでる?とビックリしますが、世界では さらに多い3000種類が 存在します。) しかし、国内で私たちが目にする【蚊(か)】は約3種類ほどで、この蚊がたくさん生息しています。. 水中で過ごす[ボウフラ]は、7日~10日ほどで4回の脱皮を繰り返し『オニボウフラ(サナギ)』となる。 (※『オニボウフラ(サナギ)』になるのはアカイエカです) (※オニボウフラ=胸背部に1対の呼吸管があり,その先端を水面に出して呼吸。さなぎは通常オニボウフラといわれている。) 4.

蚊は、人の体温(熱)、二酸化炭素(吐く息)、水蒸気(汗、呼吸等)に反応してやってくる事が多いと言われています。 だから外出の際は、できるだけ長袖長ズボンを着用し、虫除け剤を肌を露出した部分にスプレーする事で、最大8時間の間、蚊を寄せ付けない可能性がぐっと高まります。 虫除け剤はお子様から大人まで家族全員で使える「スキンベープ」がオススメです。 お肌にやさしい使い心地で、どなたでも安心してお使いいただけます。 もちろん室内にも、蚊が入ってくる可能性があります。そんな時は防除用医薬部外品の「おすだけベープ」のような1回プッシュするだけで薬剤が瞬時に広がり、小さくて軽い薬剤の粒子が長く漂うことで、また、床や壁についた薬剤が再蒸散することで長時間効き目が持続するのでオススメです。 もしよろしければシェアお願いします!. 日本昆虫図鑑(下)、保育社が役に立ちます。さらに詳しい検索には、専門家による同定が 必要です。 本サイトにおける同定には、次の方々のご協力を頂いています。 古田治さん(ヘキサポーダリサーチ)、市毛勝義さん、祝輝男さん。. 昭和・平成の時代に発生を繰り返しているアカイエカ、ハマダラカ、コガタアカイエカとヒトスジシマカの4種の蚊と関係する感染症の流行を図にまとめてみました。 (時代やそれに伴う環境の変化によってそれぞれの蚊の生息状況が変化したことをわかりやすくするために便宜的に表にしました) マラリアやフィラリアが蚊に刺されたことによって感染するということが明らかになったのは、今からわずか100数十年前の明治の時代になってからです。最初に、1877年(明治11年)英国のパトリック・マンソンがフィラリアは蚊によって媒介されることを初めて報告しました。しかし、彼はミクロフィラリアを吸血した蚊が水中で死んだ際に、ミクロフィラリアが水中に出てしまい、ヒトはその水を飲むことによって感染すると考えていました。 その後、1900年(明治33年)になってオーストラリアのトーマス・バンクロフトが経口ではなく、正しくは、蚊に刺されることによって感染することを明らかにしました。 次いで、マラリアは1897年(明治30年)に、英国のロナルド・ロスが蚊の胃袋にマラリア原虫を見出し、蚊とマラリアの生活環を解明しました(1902年ノーベル医学生理学賞受賞)。 また、デング熱は、1903年(明治36年)レバノンのグラハムは蚊がデング熱を媒介することを報告し、1906年(明治39年)オーストラリアのトーマス・バンクロフトはネッタイシマカが媒介することを証明しました。そして、日本脳炎は1933年(昭和8年)日本の三田村によって蚊が媒介することを明らかにしました。.

tritaeniorhynchus(北海道を除く全国に分布) Cx. 5㎜。住宅地が好きです。 刺されるとフツーにかゆくて、かゆみが長引く傾向があります。 イエカ属の代表的な種類のアカイエカは、最も一般的な「蚊」です。名前の通り、お家の中で活動するインドア派の蚊です。 イエカ属は夜型なので、電気を消して耳のそばでプーンとイヤな羽音がしたら、アカイエカと思って下さい。おもな活動時期は、お花見シーズンから紅葉の頃まで。秋に羽化した成虫は冬を乗り切り、春に活動開始します。 人の血を吸いますが大好物は鳥。中でもにわとりの血が大好きです。併せて犬のフィラリアを媒介するので要注意の蚊です。. 日本脳炎ウイルスの媒介蚊 【4. 蚊の媒介による感染症はデング熱が大きな話題になりましたが、他にもいくつかあります。 蚊が媒介する感染症には: 微生物学分野のウイルスではフラビウイルス科フラビウイルス属の黄熱、ウェストナイル熱、デング熱、日本脳炎の4種とトガウイルス科アルファウイルス属のチクングニア熱1種の併せて5種のウイルス感染症があります。 70年ぶりに日本国内で確認されたデング熱はヒトスジシマカが媒介します。他にネッタイシマカも媒介しますが、日本には生息していません。 寄生虫学分野の原生動物では赤血球内に寄生する原虫類・プラスモジウム属のマラリア原虫4種(三日熱、四日熱、熱帯熱、卵型)があり、線形動物ではリンパ管に寄生する線虫類・糸状虫科(フィラリアと呼ばれる)に属するバンクロフト糸状虫、マレー糸状虫の2種の併せて6種の寄生虫感染症があげられます。 本項ではデング熱、日本脳炎、マラリア、フィラリアを取り上げました。. . pseudovishnui(西日本の限られた地域に分布) Cx.

日本 蚊 日本にいる約100種類の蚊の中でも、 約30種類の蚊は、血を吸いますが、 残りの70種類は、血を吸わずに、 やはり、花の蜜や植物の水分などを吸って生きています。 また、 蚊で血を吸うのは、メスのみになり、 日本 蚊 オスは血を吸いません。. 一方、東アジア、東南アジアの日本脳炎はどうなっているのでしょうか? 中国では 2010年(感染者2641名、死亡数92名)、 2011年(感染者1625名、死亡数63名)、 2012年(感染者1763名、死亡者59名)と毎年、多くの感染者が発生し、死亡者も見られています。 また、インド、ネパール、ベトナムでは各々2000名以上の感染者が発生しています。さらに、タイでも1000名以上、スリランカでも200名以上の感染者が発生しています。 以上のことから、近隣諸国における日本脳炎感染者の総数はおよそ1万人と推定できます。 このように (1) 近隣諸国での日本脳炎感染者数はデング熱(約32万人)に比べて極めて少ないこと。 (2) 日本脳炎の場合には、ヒトではウイルス血症を起こすことはないので、つまり、ヒトからヒトへの感染はないこと。 (3) 日本脳炎に効果的な予防ワクチンの大規模接種により、日本および韓国と台湾では流行が下火になっ てきたことなどを考えますと今後、日本国内で日本脳炎の大流行が起こる可能性は余りないのではないかと思われます。. 日本では蚊は、ほとんど夏しか活動しません。摂氏15度から35度前後が蚊の最適な活動気温です。 イエカの仲間は成虫で、ヤブカの仲間は卵で越冬します。成虫の寿命は夏では一ヶ月くらいですが、越冬中のイエカは冬の間中じっと生きています。 蚊の成虫を捕獲するには、動物の吐く息に含まれるガスや、光で呼び寄せたり、人や動物をおとりにして寄ってくる蚊を捕まえることもあります。 幼虫のボウフラを捕まえるには、竹の切り株や墓地の花立に溜まった水を調べると、たいていヤブ蚊の幼虫がいます。. 蚊の生態や習性、日本で代表的な種類の蚊などに興味がある方も必見です。 蚊の基本的な生態や習性を知っておこう! まずは蚊の冬の過ごし方を知る前にその生態や習性を知っておきましょう。. 【蚊(カ)】は、ハエ目(双翅目)糸角亜目カ科(学名: Culicidae)に属する昆虫です。 ナガハシカ属、イエカ属、ヤブカ属、ハマダラカ属など35属、約2,500~3000種が存在。 ヒトなどから吸血し 種によっては 各種の病気を媒介する衛生害虫ですので、甘く見てはいけません。 1億7,000万年前 中生代ジュラ紀の地層から発見されているのが、最も古い【蚊】の化石となります。 (twitterより ↓アカイエカの画像) さて 夏の夜 周囲を飛び うっとうしい【蚊(カ)】ですが、じつは吸血(血を吸う)するのは【メスの蚊】だけ。 (産卵のための栄養源として吸うので、主食が血ではない) 刺す針といえば、1本の印象ですが「6本の針」で人や動物の身体を刺します。 蚊の口は6本の針に分かれており、それぞれの針には皮膚を切り裂く・血液を通す・蚊の唾液を注入するなど違う役割があります。 1回の吸血量は【蚊自身の体重分】と同じくらいで、吸った分 体重が増えるため 動作も遅くなります σ(^_^;) 反対に オスの蚊は血を吸わず、花の蜜や草の汁を吸って生きているのです☆ その 生息している分布地域ですが、アカイエカは「北海道、本州、四国、九州(奄美、沖縄、小笠原、東南アジアでは、別亜種のネッタイイエカが分布)」。 ヒトスジシマカは「秋田県と岩手県が分布北限で、それ以南に分布」。 チカイエカは「北海道〜九州に分布」となります。 ところで【蚊(カ)】は、水のあるところで産卵しますが、キレイな水・汚れた水など 産卵場所は 蚊の種類により異なります。 ですので、蚊の幼虫[ボウフラ]の生息場所は 水田、池、沼、浄化槽、下水溝、古タイヤの溜まった水、どぶ、空き缶、空き瓶の水たまりなど色々なのです~。 また 成虫になったヒトスジシマカは 日本 蚊 移動距離が少なく 生まれた場所から半径100メートルほど。 反対に アカイエカは 数キロメートルも移動が可能です。 (【蚊の種類】がちがうように 移動距離も異なるのですね~) さらに 面白いことに『カに刺される時間』も【蚊の種類】により異なります。 たとえば、ヒトスジシマカ(通称:ヤブ蚊)は、昼~夕方にかけて血を吸います。 アカイエカは、夕方から夜にかけて血を吸いますので、寝ているときに刺されるのはアカイエカかな。。。 また、チカイエカは 名前が関連するのか.

日本 蚊

email: [email protected] - phone:(759) 748-8143 x 7179

校閲 なるには - ツンデレ

-> 科研 費 プロ
-> バンコク 駐在 妻

日本 蚊 -


Sitemap 4

リンパ 浮腫 資格 看護 師 -